5月13日、愛知県の不動産会社様
新入社員フォロー研修を行いました。
(参加者9名様)

■①エリア・街の知識 ②接客ロールプレイ

【N様】
知らないから答えられず緊張すると言われまし
た。まず知識をつけます。人より時間を使って
何回も確認をします。

【M様】
大家さんの大切な資産で、大切な商品であると
いう意識をもち、紹介を心がけます。また、お
客様目線で物件を見るようにします。

【O様】
接客最中、あまりお客様自身について聞く事が
できなかった為、もっとお客様へ興味を持ち、
コミュニケーションを取り、仲良くなれるよう
に意識を強めます。

【K様】
相手の話を引き出せず、話の流れを考えられず
に一人でつっぱしってしまいました。目の前の
人に興味を持って相手に話をさせるような接客
をしていきます。

【K様】
どうやって相手の情報を聞き出すのかが難しく
、話をいかに広げていくかが課題になりました
。考えて情報を出せるようにしていきます。

【K様】
物件紹介は、お客様にもっと提案していったり
、物件台帳には載っていない情報もお客様に提
供できるように落ち着いて接客できるようにし
ます。

【S様】
知識不足は分かっていなのですが、お客様の引
越しの背景や、物件の築年数、構造など基本的
なことを全然考えていなかったことに気づきま
した。

【F様】
条件にこだわりすぎずに出すことも必要だと知
りました。今回褒めて頂いた部分、直すべき言
葉を意識し、普段から気を付けます。

【M様】
自分の考えを一から考え直さないといけないと
思いました。すべての仕事はお客様に繋がるの
で、そのことを考えて物件確認を行います。

皆様本日長時間はお疲れ様でした。
受講有難うございました。
次回もよろしくお願いします。