4月~7月、千葉県某大学不動産学部様
不動産特別講座を行いました。
(参加者12名様)

本研修はNPO法人「日本レジデンシャル・セール
スプランナーズ協会」の講師陣がシフトを組んで
担当しました。
弊社講師の担当は第2回目と第14回目です。

■不動産特別講義Ⅱ

【K様】
人と人とを繋ぐ仲介の難しさや契約の重要さを
改めて感じました。ボランティアではなくビジ
ネスなんだということを業者はしっかりと理解
して行動する意味を感じられた講座でした。

【S様】
最後にお話しいただいた「仕事が上手い人の条
件」が最も印象に残りました。ありがとうござ
いました。

【Y様】
お客様に合わせた家を提案したり、顧客対応を
しっかりして駆け引きもしなくてはならないと
思いました。

【J様】
CSPや31条など、社会に弱者である消費者
の立場の理解をするのに役に立ちました。何故
そうしなければならないのかと考えるようにな
りました。

【H様】
お客様に物件を案内する際に、クロージングを
用いるという事が有効だと学びました。

【O様】
購入申込書の記入で、やり取りがまるで心理戦
のようで、営業は本当に頭を使うのだと感じま
した。業者側が成約までの自分の行動の幅を狭
くしないようにしている印象を持ちました。

【S様】
案内する時は、現地待合せ・解散をしないこと
。家族が全員居る時に案内する事など、案内の
際に注意することを多く知ることができました


【K様】
資格についての話が印象に残りました。資格に
ついて、レベルの高いと思われる資格には殆ど
士がついている。宅建が将来名前が変わるかも
!?など楽しく聞けました。

【S様】
希望ニーズい合わせて物件をランク付けする。
物件を案内する際には、物件の魅力は、そのも
のの個性だけではなく、様々な生活便利私設、
文化施設、教育施設や街並みなども抱合したト
ータルな綜合力であると思いました。

【N様】
34条や35条よりも47条の禁止事項が一番
危険だと知って驚きました。将来、不動産業を
務めるうえで、様々な法律に注意しなければな
らないと思いました。

【S様】
今、媒介を丁度やっているのですが、内容を濃
く知ることができた気がします。価格査定も一
度自分でやってみたいと思いました。

【M様】
住宅を売るには、まずお客様から信頼されて、
本音を聞き出す力をつけなければならないのだ
と改めて感じました。

皆様長時間お疲れ様でした。
受講有難うございました!