6月5日、福岡県の某ハウスメーカー様
建築、不動産営業実務研修を行いました。
(参加者19名様)

■建築・不動産営業実務研修(11回目)
重要事項説明書・覚書
  解説、演習、グループワーク

【U様】
入社して2ヶ月目で正直分からない言葉ばかりだ
ったのですが、丁寧に教えていただき新たに知識
をつけることができました。

【O様】
重要事項説明は普段目にして分からない事だらけ
でしたが理解できました。実際に記入することで
とても勉強になりました。

【K様】
契約になると急いで作っていたので一つ一つの意
味を追及しようと思っていませんでした。下道任
意図の見方など知ることができました。

【K様】
土地をあつかう側の人間なのに知識が足りていな
いことに気付きました。今までしてきた事や言っ
ていた事が不安になりました。

【K様】
普段は謄本、測量図等を取っても目を向けていま
せんでした。謄本一枚から読み取れる事項が数多
くあり、その土地について詳しく知ることができ
ました。

【K様】
これまで契約時に重説の意味が分からないことを
気にすることなくそのままにしていたことが本日
理解できました。

【S様】
実際に自分で考え作ってみると上手くできず、不
注意なミスをしてしまうことが多かったです。今
後は研修内容を活かします。

【S様】
いざ作る側になると不明点が多く改めて自分の仕
事の重大さを実感しました。作る際も作られた重
説を確認する際も、今まで以上に責任感を強くも
って臨みます。

【T様】
普段何気なく見ていた所、意味が分からなかった
事も教えていただき成長できました。台帳の見方
も分かり大変良かったです。

皆様、本日は長時間研修お疲れ様でした。
受講有難うございました。
次回もお願いいたします。