9月の新設住宅着工は、分譲住宅は増加したが持家及び貸家が減少したため、全体で前年同月比4.9%の減少となった。また季節調整済年率換算値では前月比0.7%の増加となった。

住宅着工の動向については、前年同月比で3か月連続の減少となっており、利用関係別にみると、前年同月比で分譲住宅は増、持家及び貸家は減となった。

詳しくはこちらから。
 ↓↓↓
9月の新設住宅着工