11月7日、某大手電鉄系不動産会社様にて不動産
売買営業研修を行いました。(参加人9数名)

■不動産売買営業研修(2日目)
 ①購入見込客のランク分けとランクアップ
 ②案内物件選定のための物件下見と訴求ポイント
 ③特徴を利益に変えるプレゼンテーション
 ④案内の成功率を高めるためのセットアップ
 ⑤物件案内
 ⑥案内時(査定時)に伝えたい建物価値
 ⑦クロージング

【M様】
クロージングの意識が足りていませんでした。
案内時お客様の気になる点をメモしてもらい
相対的に物件を比較してもらえるよう実践し
ます。

【K様】
建物の構造に関して知識不足により深い話をす
ることができていませんでした。売りでも買い
でも建物についての細かい知識を深めお客様に
伝えていきます。

【T様】
建物の知識などそもそも身に付いていない事が
多かった為、今回学んだ事をしっかりと復習、
詳細の理解を深めます。

【A様】
お客様との初回面談→案内→申込をもらう流れ
の中で改善する部分、取り組みたいと感じた点
が沢山あるので本日より実践します。

【S様】
建物の下見について、今まで見ていなかったポ
イントやその良さをどう伝えるかなど、これか
ら物件調査が楽しみになった。簡単に覚えられ
るものから実践し、売主に好感を持たれるよう
になります。

【K様】
建物の外部内部の構造を知り、案内時に紹介す
ることで、今の自分の住居と比較、他の物件と
のより詳細な比較を可能にすることができる、
ヒアリングの重要性が分かりました。

【H様】
営業は聞く事が仕事であると強く実感しました。
知識レベルを向上させなければヒアリングも上
手くできないので日々努力します。

【O様】
実践的な内容が多かったです。自分が営業で使
えるだけでなく、後輩社員への教育にも充分に
役立てると思いました。

【O様】
建物について築年数や構造で評価していた事が
多かったので、建物について理解し、売主買主
に良い情報を与えるようにしたいです。

長時間お疲れ様でした。
受講頂き有難うございました。
次回もよろしくお願いいたします。