主要都市の地価は全体として緩やかな上昇基調が継続(上昇地区数は引き続き97地区)。
◆上昇地区数の割合が7期連続して9割を上回る。緩やかな上昇(0~3%の上昇)の地区が69地区で最多。
◆商業系2地区で上昇幅が拡大し、沖縄県庁前(那覇市)で6%以上の上昇、中野駅周辺(東京都)で3~6%の上昇となった。
◆住宅系1地区(宮の森(札幌市))で上昇幅が縮小し、0~3%の上昇となった。

詳しくはこちらから。
 ↓↓↓
令和元年第3四半期の地価LOOKレポートの結果