12月18~19日、愛媛県の不動産会社様にて物件調
査の研修を開催いたしました。(参加者9名様)

■不動産売買研修
 ①物件調査
 ②重要事項説明書の記載例

【W様】
口頭での説明だけでなく、重説への記載、添付資
料を付ける等、形に残し、安心安全な取引ができ
るよう日々の業務に活かして参ります。

【A様】
重説の備考欄への記載例をいただき、これから記
入する文章の内容や言い回しに困った時早速活用
できそうです。調査やお客様に伝える内容には、
念には念をということが大事だと思います。

【K様】
丁度若手メンバーが物件調査や売主様の担当をし
ていたので、非常にタイムリーな研修で、チーム
全体の知識、レベルアップにつながったと思いま
す。

【F様】
クレームトラブルになることの多くは自信が知ら
なかった事、知っていても伝えていなかった事が
原因で事前に伝える事で防ぐことができることを
改めて感じました。

【A様】
表面的な知識では応用もききません。疑問に思っ
た事は調べ、聞き、基礎的な知識の量を増やして
いきます。

【I様】
告知や特約で些細な条件でも記載することでクレ
ームが減ったりお客様の満足度を上げることがで
きると知りました。調査など意識して行っていき
ます。

【H様】
プロとして良くないとは思いつつも、曖昧なまま
でいた部分を大変分かり易く説明いただいたので
知識の向上になりました。

【O様】
今まで常識と思っていたことが間違いであると気
が付きました。本当に自分が調べている事が正し
いのか疑いながら調査を行って参ります。

【K様】
今まで気にしていなかった止水弁の位置や擁壁の
越境について知ることが出来たので、これからの
調査ではすぐに確認していきます。

皆様、2日間長い時間研修お疲れ様でした。
受講いただきまして有難うございました。