主要都市の地価は全体として緩やかな上昇基調が継続(上昇地区数は引き続き97地区)。
◆上昇地区数の割合が8期連続して9割を上回る。緩やかな上昇(0~3%の上昇)の地区が74地区で最多。
◆商業系5地区(太閤口(名古屋市)、京都駅周辺(京都市)、河原町(京都市)、烏丸(京都市)、下通周辺(熊本市))で上昇幅が縮小し、3~6%の上昇から0~3%の緩やかな上昇となった。

詳しくはこちらから。
 ↓↓↓
令和元年第4四半期の地価LOOKレポート