■全国平均:全用途平均は5年連続で上昇し、上昇基調を強めている。用途別では、住宅地は3年連続、商業地は5年連続で上昇。
■三大都市圏:全用途平均・住宅地・商業地のいずれも各圏域で上昇が継続している。
■地方圏:地方四市(札幌・仙台・広島・福岡)では上昇基調をさらに強めている。地方四市を除いた地域でも、全用途平均・商業地は平成4年以来28年ぶりに上昇に転じ、住宅地は平成8年から続いた下落から横ばいとなった。

詳しくはこちらから。
 ↓↓↓
令和2年 地価公示