1都1道1府40県で1,996件の土砂災害が発生し、昭和57年の集計開始以降4番目に多い。(1位:3,459 件(H30)、2位:2,537 件(H16)、3位:2,007 件(S57))

集計開始以降における平均発生件数の約 1.8倍
(平均発生件数は1,081件(S57-H30))。

東日本台風では 952 件の土砂災害が発生し、台風に伴う土砂災害としては過去最多。(これまでの最多件数は、平成 16 年台風第 23 号の 800 件)

詳しくはこちらから。
 ↓↓↓
令和元年の土砂災害発生件数