4月13日、某大手不動産会社様にて、オンライン
での新人社員実務研修を行いました。
(参加人数16名)

■新卒研修(1日目)
 ①不動産という商品特性と顧客の心理
 ②エリア知識と商品知識の重要性
 ③反響対応
 ④購入見込客との初回面談

【T様】
反響メールはビジネス文書に則った文を送れば
良いのでなく、お客様が読みたくなるようメー
ルを作成することが大切だと感じました。その
技術を先輩のメールから学ぼうと思います。

【O様】
不動産売買購入に関して知識をお持ちでないお
客様に、プロの私たちが誠実に向き合う必要が
あると感じました。時には、矛盾した要望をお
っしゃるお客様もいらっしゃいますが、その際
にはプロとしてのアドバイス、断りをしなけれ
ばならないと気付くことができました。

【Y様】
不動産営業にとって大切な資質を大変よく理解
できました。営業という点において大きな差異
はないと思うのですが、法人のお客様相手なら
ではの大切な意識を教えていただければと思い
ます。

【A様】
ついに本格的に不動産営業の実務が始まったと
感じる研修でした。お客様応対の具体的な内容
も学べたのでとても参考になりました。

【T様】
今まで疑問であったことなどが解消された。話
を聞き理解しても実際に活用できないため、今
後少しずつ実践していくなかで修正し活躍して
いきたいと思った。

【A様】
お客様に対して質問する場合は、はい、いいえ
の二択で答えられるような質問をする。その方
がお客様も返事がしやすいし、こちらとしても
アポを取りやすいことが分かりました。

【K様】
街を知ることが、仕事をしていくうえでとても
重要になってくることがわかりました。
休日や空いた時間などは、積極的に街を散策し、
街について何をきかれても答えられるようにし
ていきます。

【T様】
今一度、お客様目線に立ってお客様はどんな目
的で、どんな気持ちをもって相談してくるのか
ということを考えることができてよかった。

【K様】
どの場面でもコミュニケーション能力が問われ、
うまくコミュニケーションしながらスムーズに
信頼と情報を勝ち取っていくことの難しさを実
感しました。上司の方々を見て聞いて学んでい
きたいと思います。

【O様】
実際にお客様と会われた時の心構えや、接し方、
コミュニケーションの取り方のイメージがする
ことができました。自分たちで考える時間もあ
ったので、様々意見や考えも聞くことができ勉
強になりました。

【M様】
実務に関する部分ではほぼ何も分からないに等
しかったので、現場に出る前に概要を把握出来
て良かった。教わったことも現場に出て焦って
抜けてしまわないように出来るだけ頭に入れて
おきたい。

【S様】
実務にもとづいた話が多かったので非常にイメ
ージがしやすかった。相手に良い印象を与える
ことの重要さを身をもって理解をできた。

【K様】
物件までのアクセスや周辺環境の生活施設調査、
学校や教育関連施設の調査、病院や険悪施設、
公園の調査など買主様に沿ったご案内ができる
ようにこれからこのような知識も増やしていき
たいと感じた。

【Y様】
どのようにして周辺知識を付けたらよいのかと
いう点で不安に思っていましたが、自分の足で
現地に行き自分の目で確かめること、営業ツー
ル等駆使してお客様が知りたいと感じる項目を
先回りしてつかんでいくことを学べました。

【S様】
エリアについての知識を豊富に持っていればい
るほど、お客様の希望条件に合ったご提案がで
きますし、お客様に暮らしのイメージを提供す
ることができると思いました。

本日は長時間お疲れ様でした。
受講頂き有難うございました。
次回もよろしくお願いいたします。