5月15日、福島県の不動産会社様にて売買仲介実務
研修を開催いたしました。(参加者10名様)

■売買仲介実務研修(1日目)
 ①不動産実務者としての心構え
 ②エリア知識の重要性
 ③販売図面とチラシ
 ④マジックとオープンハウス
 ⑤不動産登記の基礎知識(前半)

【M様】
お客様の期待値を上回るように意識します。自分の
エリア知識や情報量では誰にも負けないように現地
に行って情報を得たりなど収集します。

【K様】
5Sは努力をすれば身に付けられると思います。
まずはすぐに出来る笑顔、スピード、誠意、気が利
く、これを実行します。

【H様】
お客様から質問されて答えられる営業マンは信頼し
て任せてもらえる。質問に答えられるように情報を
集め、前もって調べておきます。

【K様】
新人として仕事を覚える事に集中しているが、今後
はお客様への提案も良いものにしご満足いただくた
めにも知識をつけていきます。

【H様】
物件の売買は人生の節目であり、期待に応えられる
かどうかでリピート数が変わってきます。期待値を
超える接客をしていきたいです。

【H様】
物件を知ることがお客様からの信頼を得られる。
物件の事だけでなく、周辺環境の情報など収集しエ
ビデンスを武器にお客様を獲得します。

【N様】
現地に何度も行くのではなく、下見の時から広告の
キャッチコピーを考えておく。ネット上の情報では
拾えない事を人間力で伝えていきます。

【W様】
ハザードマップなど確認します。今も面談で昨年の
台風の話題が出てきます。これらのことを資料にし
見せるだけでもお客様に安心感が提供できるので、
実行します。

【I様】
担当エリアの坪単価や相場等調べます。まずは範囲
を決めて、そこからしっかり行い、徐々に範囲を広
げていきます。

【O様】
地元という事もあり、エリアの説明は感覚的に捉え
るだけで終わってしまっている。お客様から良く質
問される内容をリスト化し一つ一つしっかりと調査
します。

本日も長時間研修お疲れ様でした。
受講いただき有難うございました。
次回もよろしくお願いいたします。