1)全国の既存マンション
令和2年4月の全国の既存マンションの成約価格は前年同月比で 9.03%低下、成約㎡単価は8.76%低下し、ともに平成24年9月からはじめてマイナスに転じた。専有面積は前年同月比で4ヶ月ぶりにマイナスに転じた。築年数は前年同月比で39ヶ月連続してプラスとなった。物件数は前年同月比で2ヶ月連続してマイナスとなった。

2)全国の既存戸建住宅
令和2年4月の全国の既存戸建住宅の成約価格は前年同月比で2ヶ月連続してマイナスとなった。建物面積は前年同月比で2ヶ月連続してプラスとなった。土地面積は前年同月比で2ヶ月連続してプラスとなった。築年数は前年同月比で7ヶ月連続してプラスとなった。物件数は前年同月比で4ヶ月ぶりにマイナスに転じた。

詳しくはこちらから。
 ↓↓↓
指定流通機構の物件動向(令和2年4月)