6月9日、福岡県の某社様にて売買営業研修を行い
ました。(参加者7名様)

■売買営業研修(1日目)
 ①エリア知識と商品知識の重要性
 ②購入見込客との初回面談
 ③資金計画の基礎知識
 ④資金計画演習

 
【N様】
顧客との初回面談において強い信頼関係を構築す
るために地域のことやローンのこと、建築に関す
る知識を身に付けていかなくてはならないことが
わかりました。

【T様】
物件の価格相場や適正価格についての判断が全然
できていない状況でしたが、毎朝のレインズ新着
を確認し今後さらに坪単価を意識します。

【K様】
物件資料をメールで送る際、見易さ重視で写真や
地図を減らしていました。お客様は写真を求めて
いるとのことで今後は写真が多く掲載しているも
のを選びます。

【U様】
お客様が言っている内容はお客様の勘違いや思い
込みがあるということを忘れず、本当の希望条件
を私が提案していこうと思います。お客様の希望
条件は常に何故だろうと考えていきます。

【Y様】
この時代お客様一人の力で色々な情報を得ること
ができてしまうのでネットに載っていない情報で
あったり、他社と差別化ができるような接客が必
要だと分かりました。

【K様】
ローンの仕組みや種類は今後自分が家を買うとき
にも役立つことだったので、営業ではなありませ
んがとても楽しく聞く事ができました。

【K様】
重説を作成する業務において売買の基本的な知識
は勿論、営業担当者がどれだけ苦労して契約を結
ぶのか知る事ができた為、責任感を持ち業務に携
わるべきだと感じた。

皆様、本日は長時間研修お疲れ様でした。
受講有難うございました。
明日もよろしくお願いいたします。