全宅連は、高齢者の入居を拒む一番大きな要因が、「孤独死=事故物件」とされてしまう風潮があり事故物件に対する明確な定義がないことである、ということから、令和元年度はここに重点を置いて研究会を開催し、その定義を「孤独死に係る説明・告知のあり方に係る考え方」として取りまとめた。

詳しくはこちらから。
 ↓↓↓
住宅確保要配慮者等の居住支援に関する調査研究報告書