8月21日、福島県の不動産会社様にて売買仲介
実務研修を開催いたしました。
(参加者12名様)

■売買仲介実務研修(5日目)
 ①購入顧客のランク分けと追客営業
 ②案内物件選定の物件下見と案内誘導の訴求ポイント
 ③案内の成功率を高めるセットアップ
 ④物件の特徴をお客様の利益に変えるプレゼンテーション
 ⑤物件への案内
 ⑥クロージング

 
【N様】
クロージングの結果は売主の権利としてきっちり買主から
回答をいただくようにします。

【Y様】
資金計画を立てる時に、買主様の年齢を気をつけます。
案内前の準備として、採可シートを活用します。

【W様】
クロージングに於ける値交渉が印象的でした。
話を聞いていなければ、単なるメッセンジャーとなってし
まい、自ら追い込まれる状況をつくるところでした。

【H様】
ヒアリングをきちんと行わないと的外れの物件を紹介して
しまったり、下見に行った際お客様から聞かれる質問を想
定できないと思ったので初面時のヒアリングは徹底して行
います。

【I様】
顧客に同じ準備ばかりして成功率が悪かったです。
一人一人にニーズに合わせて準備することで成約率も上が
る可能性もあるし、信頼してもらえると思いますので下見
のやり方等も改善していきます。

【I様】
お客様のランクを決めて、それに見合った準備を行います。
契約に繋げるために優先順位をつけることが大切だと改め
て感じました。

【M様】
クロージングで価格交渉の幅は営業が知っていて、着地点
に導くものだと知ることができました。

【K様】
物件案内の際にお客様に集中して見てくださいと伝える。
その為にも最初の段階で物件資料を全て渡さず案内する時
に渡します。

【W様】
クロージングには1、2時間かけます。質問する内容など
も分かったので使っていきます。

【K様】
買主様から価格交渉があった時に、買主様と売主様のメッ
センジャーになるのでなはく、しっかり価格の幅を自分で
コントロールをして価格交渉をまとめるようにします。

【H様】
初回面談の際には深堀をしていき、お客様が言った事に全
て疑問を持つよう心掛けていきます。

【O様】
物件概要は現調して気付いた部分をメモにとります。
学区を気にされている方へは徒歩での時間を明記するなど
工夫していきます。

本日も長時間研修お疲れ様でした。
受講いただき有難うございました。
次回もよろしくお願いいたします。