8月21日、石川県の某ハウスメーカー様におきまして、
注文住宅販売力を強化する目的で研修を行いました。
(参加人数36名)

■住宅営業基礎Ⅱ
 ①お客様は商品も営業マンも比較検討します
 ②成果を上げているビジネスマン10の習慣
 ③競合営業マンの頭の中を覗いてみる
 ④成果を勝ち取る3分間思考
 ⑤事前準備で差をつける
(講師:ウィン・セールスコンサルティング・鈴木社長)

【G様】
契約に至るまでどのような行動が必要になるのか、その
基本として、誰よりもお客様のことを考えることが大切
だと改めて感じました。

【I様】
情報社会の中、選ばれる理由を考えた時に、自分がお客
様の立場であれば、やはり人で選んでいくことが増えて
いくのかなと思いました。

【N様】
習慣の部分では特にスピードを、心構えでは熱量を持っ
てお客様に接するということを念頭に置いて行動してい
きたいと感じました。

【K様】
どうすればお客様に喜んでもらえるか、役に立てるのか
考えることで満足してもらえ、自分に興味を持ってもら
うことに繋がると学んだので、常に念頭に置いて動きた
いと思いました。

【K様】
やるのであればとことんやるを思い刻み、まずは、積極
的にがむしゃらにお客様のことを考えつくして契約より
もどうしたら喜んでいただけるかを考え業務を行って参
ります。

【H様】
お客様の口から出ない言葉、想いを考えて、気付いてあ
げる。お客様への熱量を同様に対応することが分かって
いても出来ていなかったと改めて気付きました。

【O様】
普段、他社を意識することはあっても、その営業の方が
どんな方かは意識出来ていなかったので、社内の高成績
営業マンに置き換えて考えることを実践します。

【A様】
やる気が出たから行動に移すのではなく、行動した結果
やる気は出るもの。今後はまずやってみようという意識
で何事も取り組んでいきます。

【H様】
細かいお客様に対して苦手意識がありますが覚悟が足り
ないと思いました。若い社員はもっとあると思います。
不安を拭うようにフォローする仕組みを作りたいと思い
ます。

【T様】
成果を上げているビジネスマンの習慣など理解出来まし
たが実際に行動するには難しく努力が必要だと思いまし
た。

【T様】
モチベーションの話はとても印象的でした。いかにやる
気を上げるかを考えていたので、考え方の違いに気付く
ことができました。

【K様】
出来る人の10か条では出来ている所と出来ていない所
の差が大きく、もっとバランスを取って様々な事に挑戦、
取り組めるような人材になります。

【T様】
クレームは貰いに行く、心に響きました。普通であれば
皆が嫌がる事をクレームはないですか?とお客様に問う
姿勢を真似したいと思います。

【N様】
お客様に喜んでいただく為にはどうしたら良いか、お客
様が何を求めているのかなど親身になって営業をするよ
う気を付けていきます。

【T様】
成果を上げているビジネスマンの行動など具体例を挙げ
てお話し頂いたので、どういった心持で仕事に臨めば良
いのかなど新たな発見、再認識することができました。

【H様】
クレームは取りに行く、という考え方は今後積極的に実
践させていただきます。

皆様本日長時間はお疲れ様でした。
受講有難うございました。
次回もよろしくお願いします。