9月11日、石川県の某ハウスメーカー様におきまして、
注文住宅販売力を強化する目的で研修を行いました。
(参加人数27名)

■住宅営業基礎Ⅳ
 ①前回の振り返り(自己紹介カード含む
  1)お客様の立場でお客様の買い物を考えてみる
  2)顧客満足の知識
  3)消費者が消費に求める 3 要素とは
  4)言葉一つでお客様の心を温かくする技術
 ②大事にしたい「お金の価値観」
 ③高級高額層のお客様を想像してみる
(講師:ウィン・セールスコンサルティング・鈴木社長)

【T様】
お客様の心を開かせるための気遣いやフレーズを学
びました。そういった事が苦手でしたので意識して
使えるようにしていきます。

【A様】
相手に対する気遣いや心配り等、目に見えない所で
どれだけ相手を思いやれるかという所を今後気にし
ていきます。

【T様】
リフレーミングに関しては、自分のことについての
ポジティブシンキングは出来ていても、他の人の悩
みをポジティブにする難しさを知る事ができました。

【S様】
相手目線で物事を考える、歩幅を合わせる、外見の
ことではなく内面的なことを中心に学ぶことができ
た。

【N様】
サービスの面でコアサービスとフリンジサービスの
2本柱がありましたが、2つの良さを前面に出すこ
とができるようにい営業の仕方を考えていきます。

【Y様】
ネガティブな表現をポジティブな表現で表すことで
受け取る側の気持ちが大きく異なることが分かり、
仕事だけでなくプライベートでも役立つと思いまし
た。

【H様】
思考の枠組みを変えることが営業においても、色々
な選択肢の提案や、お客様への気遣いや心配りがで
きるのではと感じます。

【O様】
お客様に気持ち良く打合せをしていただくように気
配りすることが、結果的に受注に繋がっていくのだ
と思いました。

【T様】
扱う商品が高価格帯のため、それに伴う心構えをお
客様のリアルな心理を踏まえて知ることができ、今
後活用してまいります。

【M様】
普段から相手を思いやることや、相手を尊重するこ
とを意識して、自然とリフレーミングができるよう
になります。

【T様】
相手の立場に立ち、ポジティブな思考をどう与えら
れるかが重要だと常に感じてましたが今回再認識し
ました。

【Y様】
同じ接客であっても満足度はそのサービスや商品で
変わってくることが自分だったらと考えてみると納
得できました。自分の接客を見直します。

【I様】
ポジティブ思考で言葉を返していけるように練習し
ていきます。

【N様】
高いサービス力がお客様を感激させることが出来る
部分と知り、今後の接客の態度や振る舞いを意識し
ようと思います。

【W様】
お客様の立場になり、ネガティブな言葉はポジティ
ブな言葉に変える、意識して実施していきます。

【H様】
お話を聞くだけでなく、自分で想像しながら考えた
り、グループワークで沢山の意見を聞く事もできた
ので実践にとても繋がる研修でした。

皆様本日長時間はお疲れ様でした。
受講有難うございました。
次回もよろしくお願いいたします。