10月9日、石川県の某ハウスメーカー様におきまして、
注文住宅販売力を強化する目的で研修を行いました。
(参加人数28名)

■住宅営業基礎Ⅴ:高額商品を考えるお客様から選ばれる技術
 ①前回までの振り返り
  1)自社の強みを再確認、再構築する
  2)ベストな提案につなげるための大切なポイント
  3)準備しておきたいセールストーク
 ②一瞬にして信頼が生まれるツール
 ③お客様があなたに会いたくなる礼状の書き方
 ④お勧めしたい6つのフェーズで効果があるツール
 ⑤寓話から学ぶ目標達成思考
 (講師:ウィン・セールスコンサルティング・鈴木社長)

【K様】
お客様が気付いていないお得をお伝えし、叶えられ
ない要望の落胆の気持ちを小さくしながら優先順位
を考えてスムーズな商談を心掛けます。

【H様】
セミナーの内容を反復し無意識に対応できるよう、
日々お客様対応を大切にしていきたいと改めて感じ
ました。

【S様】
マインドトライアングルを作る事で伝えるメッセー
ジの説得力が上がり、商談の幅を増やす事ができる
と思いますので即実行します。

【N様】
お客様に商品をお勧めする際、ただ良い事をお伝え
するのではなく、根拠を示してお伝えすることが大
切だと感じました。

【G様】
色々なパターンを勉強し、他社や自社の商品知識を
付け、更に今後の業務に繋げていきます。

【T様】
パーソナル情報を聞き、また様々な分野の知識を養
う事の重要性も参考になりました。

【Y様】
お客様の潜在的欲求を顕在化させる為に、話を聞く
だけでなく、話を引き出す力を身に付けることが大
切だと分かったので聞き方、話方をロープレなどで
しっかり勉強します。

【T様】
何を質問すれば良いか分からないとよく仰られます。
私自身何から説明すれば良いか分からなくなり困る
事があります。よくある質問一覧があると役立つと
思いましたので早速作成します。

【K様】
売り込むことが難しいと思っておりましたが、そう
ではなく人として好かれる所から始めるとわかった
ので取り組みやすいと感じました。

【N様】
自社の強みの他に、他社との具体的な違いを用意し
より大きく自社の強みを伝えていけるようにしたい
です。

【K様】
質問メニュー表を準備しておくのはかなり効果的だ
と思います。何を求めているかを引き出せるように
早速作ってみます。

【M様】
知識が豊富なだけではなく、商談前後のちょっとし
た一言やお礼状に添える言葉など、少しの心配りが
信頼に繋がることだと改めて感じました。

【H様】
お客様は相談に来ているのに、自分が売り込みをし
ていることに気付きました。来店には理由があるの
で、ヒアリングをして、悩みに答えなければ結果に
繋がらないと思いました。

【A様】
相手をよく知るために現在の事だけでなく、過去や
未来の質問も重要だと分かりました。

【N様】
サンキューレターには売り手都合な表現で書いてし
まっていたので「お客様を主役のまま終わらせる」
表現を意識して書きます。

【K様】
自社が選ばれる要素として、独自の資源、強みにつ
いて考えたことで改めて自身を持ってアピールすべ
き事が分かりました。

皆様本日長時間はお疲れ様でした。
最後まで受講いただき有難うございました。