10月26日、某大手電鉄系不動産会社様にて不動産
売買実務研修を行いました。(参加人数9名)

■不動産売買実務研修(16日目)
 ロールプレイ研修:売主様との面談/査定報告①

【H様】
同期の接客を見る機会が無かったため、とても参考
になりました。ツールを駆使して接客をしていきま
す。

【M様】
適切な資料を適切なタイミングで出せるようにしな
ければならないと感じました。パンフレット等を自
分の言葉で話せるように練習します。

【K様】
専任媒介を何としても取得しなければならず、その
ためには、インスペクション、VR、非対面キャッ
シュレスサービスをアピールしなければならないと
思いました。

【O様】
ロープレのお客様パターンだけでも様々な種類があ
ったのでひとつひとつ経験し対応できるようにした
いと思いました。まずは次回のロープレで今回の改
善点を活かしていきたいです。

【K様】
いつ実務をすることになっても対応できる様に流れ
を理解し、客付担当としてもエリアの相場観や事例
を頭に入れて置く必要性を感じました。

【O様】
抽象的な情報発信からデータなどを使った具体的な
情報発信を意識します。また自分に任せてください
という熱量を上手く見せることで顧客心理を掴むこ
とを重視したいです。

【A様】
資料の準備と活用のタイミングを自分でイメージし、
お客様に対して積極的に提案していきます。

【K様】
雑談で仲良くなり、信頼されることが契約の一歩だ
と思いました。売主接客だけに当てはまることでは
ないと思うので心掛けたいです。

【N様】
コミュニケーションの部分をこれからも意識したい
と思います。説明ばかりになってしまう傾向がある
ので意識して変えていきます。

長時間お疲れ様でした。
受講いただき有難うございました。
次回もよろしくお願いいたします。