11月6日、某大手不動産会社様にて新人社員様対象の
売買実務研修を行いました。
(参加人数16名)

■新卒研修(6日目)
 ロールプレイ:購入見込み客との初回面談

【K様】
話し方や雰囲気で同じ内容でも受け取る印象が違い
面白いと思いました。間の取り方は意識しておりま
せんでしたが褒めていただけて良い機会になりまし
た。

【S様】
借入可能額上限まで借りる設定でいると、お客様の
返済が厳しくなるので、ヒアリングの上で、いくら
返済できるかを考えて資金計画を立てます。

【Y様】
同期のロープレを客観的に見て、プラス面マイナス
面が自分にも当てはまるものがあったので糧に変え
ていきます。

【Y様】
資金計画や税金に加え、設備やエリアの知識を増や
すことで提案の幅が広がり、営業に自信を持つこと
ができると思いました。

【T様】
税金の知識、クロージングへの持っていき方も意識
していきます。お客様からの質問に対して全て答え
られるようにしていきます。

【A様】
ロールプレイで相手に分かりやすく説明する難しさ
を理解しました。自分がご紹介するのだから全てお
答えできるようになります。

【Y様】
法人様を相手にする場合でも面談の時間設定、分か
りやすい資料提供、相場観は必須だと感じました。

【O様】
自分では興味を持って接しているつもりでも相手に
は興味なさそうと判断されてしまう。更なる意識付
けが必要だと感じました。

【K様】
今後戸建住宅を預かった際、今回の講義内容を活か
せるよう、これからも勉強します。

【T様】
ロープレを行い、他のメンバーからもアドバイスを
頂く事ができた。普段自分のことを客観的に見てい
ただく機会は無いので貴重でした。

【K様】
購入される物件で、お客様がどのように生活される
かという事を話の内容から想像することができる様
にならなければいけないと感じました。

【A様】
専門知識を確実につけて、お客様からどの方向から
質問を投げられたとしてもプロとしてお答えできる
ようにしなければならないと感じました。

【S様】
知識不足は自信も失う。自信を失うとお客様に説明
できず、信頼をも失うと感じました。アドバイスい
ただいた通り、疑問に思ったことを都度メモを取ろ
うと思いました。

【M様】
物件価格や地域によって客層も大きく変化するので、
幅広く知識や話題を習得しておかなければならない
と痛感しました。

【T様】
何にでもメリット、デメリットがあるため図面に書
いてあることは全部把握し、調べ知っておく必要が
あると思いました。

【O様】
お客様にお渡しする資料に記載されていることは全
て理解した上で案内します。周辺環境や年齢層に合
わせた情報も必要なので実際足を運んで調べようと
思いました。

【K様】
まだ接客したことがなかったので、話すスピードや
伝える情報、聞く情報、クロージングまでの流れを
理解し経験出来きました。

本日は長時間お疲れ様でした。
受講いただきき有難うございました。
次回もよろしくお願いいたします。