12月15日、某大手電鉄系不動産会社様にて不動産
売買実務研修を行いました。(参加人数9名)

■不動産売買実務研修(18日目)
 ロールプレイ研修:売主様との面談/査定報告②

【H様】
少しスタイルを変化させたところ熱意が伝わりま
した。話す内容は担当者ごとに大差がないと感じ
ていたので、自分らしさをどれだけ加えられるか
を意識できました。

【M様】
他の方のロールプレイを見て非常に勉強になりま
した。何かのデータを出す時も、お客様に話を振
ってみるなどトーク術を勉強したいです。

【K様】
実務の経験が少ないため、まずはマニュアル的に
なっても基本を押さえた接客をしていきたい。
その中で、相手への熱意や自分の色を出したトー
クをしていけるように磨いていきたい。

【K様】
資料無でもある程度説明できてしまうが、お客様
としては資料があった方が視覚的に納得できるこ
とを再認識しました。

【O様】
クロージングの仕方、深堀のヒアリングは売却営
業だけでなく、買い営業でも共通する部分が非常
に多いので、特に意識しなければならないと感じ
ました。

【A様】
査定の商談時、実体験や感覚を伝えることが多い
のですが、併せて裏付けの資料を用意したり、理
解してもらえるように準備していきます。

【O様】
売却相談は任せてくださいという熱意を示すこと
が大切だと思いました。本日は熱意、積極性を意
識して行う事ができました。

【K様】
資料をもっと増やそうと改めて思いました。他の
方の資料が分かりやすくまとめられていたので、
今一度使えるデータを見直そうと思います。

【N様】
説明する時、具体的な数字やデータを用いること
をこれからも意識したいと思います。説得力があ
る営業になる為、これからも準備を心掛けます。

長期間にわたり受講いただき有難うございました。
4月からスタートした研修も、今回で修了です。
皆様のますますのご活躍を楽しみにしております!