3月27日、福島県の不動産会社様にて売買仲介実務
研修を開催いたしました。(参加者10名様)

■新人早期育成プログラム(1回目)
①不動産マーケットの変遷
②不動産登記の基本
③エリアと物件知識の重要性

【M様】
謄本の見方一つでも、まだわからないところもあり
質問もできた。普段見るところが限定されているの
で隅々まで見て疑問に思ったら調べて解決できるよ
うにしていく。

【H様】
今が売り時、買い時だと言える資料を準備し、お客
様にあった提案ができるようにします。

【S様】
データを用いる事で信用される事実へと変わるので、
データを作成するために、収集、ロープレ等を繰り
返し行っていきます。

【U様】
担当エリアがどのような街なのか、どんなお客様に
需要があるのかなどお客様の立場になってしっかり
考えます。

【K様】
お客様へ物件をただ提供するのではなく、どうすれ
ばお客様の為になるかを考えて、良い提案ができる
ようにします。

【S様】
特定物、特定の人を扱うことを意識して、お客様に
対して求められていることを伝えられるように引出
しを増やします。

【K様】
物件案内時の資料を使って提案したつもりが、足り
ていないことに気付きました。再度考えて実際に使
用します。

【H様】
同じ案件はない、お客様の背景がそれぞれ違うので
地域を詳しく知る事で、少ない件数で成約いただけ
るようにします。

【W様】
お客様から信頼されるようマナーや知識を研修を通
してどんどん吸収していきます。

【K様】
常に良い意味で緊張感を持ってお客様に接していか
なければならないと改めて感じました。

本日も長時間研修お疲れ様でした。
受講いただき有難うございました。
次回もよろしくお願いいたします。