3月28日、福島県の不動産会社様にて売買仲介実務
研修を開催いたしました。(参加者10名様)

■新人早期育成プログラム(2回目)
①反響応対
②購入顧客との初回面談
③資金計画の基礎知識(前半)

【H様】
如何に新着物件が出た時、直接見る価値があります
と、お客様がわくわくするような説明や写真撮影な
ど意識していきます。

【H様】
アイスブレイクから会話を通じてニーズを把握。
またお客様へのツールを作成して当社で受けてもら
うメリットを伝えたい。

【U様】
反響で一番大事なのはアポイントを取る事。声と話
す内容だけで、相手に良いイメージを持ってもらい
店舗にきていただくまでがかなり大変だと知りまし
た。

【K様】
しっかりとヒアリングをしなければ本当に求めてい
る情報を伝える事は難しい。私にとってではなく、
お客様にとって良い情報を伝えられるようになりま
す。

【W様】
お客様は平均3社訪問している。対応力やスピード
で差をつける事が大事である。好印象を与えること
が鍵であると分かった。

【K様】
案内時の提案でエリアが広がっていくと思ってまし
たが、面談時に数字やデータを利用すればもっと早
く提案できる物件が広がると思いました。

【M様】
お客様の知識レベルに合わせた話ができるように見
極めをして力を身に付けます。

【O様】
ヒアリングからストーリーを自分なりに考えて営業
していきます。

【S様】
話を広げるための提案、クッション言葉を用いた質
問を行うことで良い関係が結べてスムーズな契約が
行えるようになりたいです。

【K様】
メールにも工夫が必要、他社、他者との差別化を意
識していきます。

本日も長時間研修お疲れ様でした。
受講いただき有難うございました。
次回もよろしくお願いいたします。