4月21日、某大手不動産会社様にて新人社員様を対象
に売買営業研修を行いました。(参加人数17名)

■売買営業研修(1日目)
 ①不動産マインドセット:不動産の特性と顧客心理
 ②エリア知識と商品知識の重要性
 ③反響応対(電話・メール)の基本
 ④購入見込客との初回面談(前半)

【K様】
相手が知らないからこそ自分が学び、分かり易く説
明をする必要があると感じた。

【S様】
第一印象を良くするため先輩を見習い、声のトーン
や明るさを意識して、最初にお客様の心をつかめる
ようになりたいです。

【M様】
常に他社と競い合っていてレスポンスの早さや情報
の正確さで差別化していかなくてなならないのでマ
ーケットの把握はとても大切だと分かりました。

【T様】
常に自分のエリアを自分が住むとしたらと考えて街
歩きをして、いつお問い合わせがあっても即答でき
るように知識を蓄えます。

【K様】
お客様と対面した時に実用的なお声掛けの仕方など
実際に先輩方はどのように対応しているのかを見て
学ばなければならないと感じた。

【S様】
相手に失礼のないようにコミュニケーションを取る
ことを普段の生活から実践していきたいです。

【Y様】
物件はどの会社も全て取り扱う事ができるため、誰
と契約したいかという姿勢に対して、プロとしての
知識、礼儀作法、人間性で認めてもらえるような営
業マンになりたいです。

【I様】
営業等のスキルがあっても知識が無ければ満足度の
高い仕事はできないと思うので知識や情報に敏感に
なる様生活から意識したい。

【O様】
お客様のニーズに合わせてご提案をしていくために
は自分自身がその物件のことだけでなく、その立地
や周辺、教育施設も調べるなど意識的に周りを見て
行動しなくてはいけないと思いました。

【K様】
反響でご連絡を頂いた際に、ただ電話対応するので
はなく、会うことを前提に話をすることが分かりま
した。

【M様】
物件の情報は当たり前に知った上で、物件の近隣の
交通状況や店舗は何があるのかなど、周辺状況をの
理解が必要だと感じました。

【K様】
情報提供1つとってもメールだけでなく郵送で紙の
資料を送ったりとお客様の背景を汲取り、気を使え
るようにならなければと思いました。

本日は長時間お疲れ様でした。
受講いただき有難うございました。
次回もよろしくお願いいたします。