9月24日、愛知県の不動産会社様
店長代理研修を行いました。
(参加者13名様)

■建物建築基礎知識・コーチング

【K様】
建築の事はやはり定期的に情報を確認する事が
重要と思います。人は段々と忘れていってしまうもの
だと本日感じました。コーチングに関しては以前より
重要性を感じています。一人でやる仕事とは違いますので
上司・部下との接する時の注意点や、話かたの
参考になります。

【N様】
建築に関しての基礎知識が足りないと感じました。
直接営業に関係がなくても営業の武器として使える
知識が多いと思いました。使える知識はフル活用
していきます。

【S様】
コーチングに関してはもう少し社員を見てあげる。
社員には色々なタイプがいて、そのタイプに合った
対応で社員の成長が変わる。今後はりっぱな店長代理
になれるよう頑張ります。

【K様】
建築に関する知識は細かい所までいくと分からないことも
多々あります。特にオーナー様や管理会社の方とお話する
機会には必須の知識と思いますので、必要な範囲内で
正確に身に着けたいと思いました。

【T様】
コーチングに関しては、相手に合わせて話をする、聴くという
事が一番難しいけれど大切だという事がわかりました。
自分とは違うタイプがいる事を常に頭に入れ、接したい
と思います。場合によってはティーチングとコーチングを
使い分けないといけないと思いました。

【T様】
建築の知識は営業の際に出せるかどうかで他の人との差別化、
お客様に信頼される営業になれるかということがあると
思っているので、学んだことをしっかり利用していきます。

皆様3日間お疲れ様でした。
受講していただき有難うございました。