国交省から最新の地価LOOKレポートが発表されました。

対象地域   
■東京圏65地区、大阪圏39地区、名古屋圏14地区、地方中心都市等32地区 計150地区
 住宅系地区・・・高層住宅等により高度利用されている地区( 44地区)
 商業系地区・・・店舗、事務所等が高度に集積している地区(106地区)

平成25 年第3四半期(7/1~10/1)の主要都市・高度利用地150 地区における地価動向は、上昇が107地区(前回99)、横ばいが34地区(前回41)、下落が9 地区(前回10)となり、上昇地区が8地区増え、全体の約7割を超えた。

詳しくはこちらから。
 ↓↓↓↓↓
平成25年第3四半期_地価LOOKレポート