11月11日、愛知県の不動産会社様
新入社員フォロー研修を行いました。
(参加者8名様)

■現地のおける物件確認とお客様への訴求方法

【K様】
同期と物確して自分とは違う見方や発見があり
勉強になりました。繁忙期に向け、知識を増や
しつつ一人で契約の手続きを時短を意識して沢
山の契約を取っていきます。

【K様】
人によって物確で何を気にしているかが違うの
で、勉強になりました。今後は人が見ていた部
分も注意して確認していきます。

【M様】
物確は最初の頃に比べると視点などが変わって
きたと思いますが、まだ不十分でしたので、意
識していきます。また、見たり感じたことを分
かり易くお客様に伝える方法をもっと考えます


【F様】
他のエリアの物件を見て値段や内容がわかり良
かったです。新しく見る設備もあり、担当エリ
アにもあれば面白いなと思いました。

【K様】
物件の見方を少しずつ変えて知識を増やして来
たが、まだまだ足りていなかった。物事を逆接
的に考える事をしていなかった為、相手が伝え
たいこと等を引き出す力が身についていないと
実感した。

【S様】
物件の良し悪しをいかに早く見つけて伝えられ
るかが営業のレベルなんだと思いました。少し
ずつ質問に答えられるようになってきているの
で、次は自分から伝えられるように頑張ります


【N様】
玄関や収納のサイズを図る事は勿論、冷蔵庫や
ベッドの大きさを知っている事も重要だと気づ
きました。デッドスペースについて聞かれた事
があり上手く答えられなかったが、今度は上手
く提案できる様に様々な物を見に行きます。

【M様】
物件の見方だけでなくお客様への提案の仕方が
勉強になりました。廊下の幅が30㎝広ければ
CDラックを置くなどの提案ができる、お客様
にも良い点として分かってくれるだろうと感じ
ました。細かい部分や数字をしっかり見て、ど
のような生活をするか想像し物確します。

皆様本日長時間はお疲れ様でした。
受講有難うございました。
次回もよろしくお願いします。