平成26年の新設住宅着工戸数は, 消費税率引き上げ前の駆け込み需要の影響が大きかった前年と比較すると, 全体で9.0%の減少となった。

①持家:26年の持家は 285,270戸(前年比 19.6%減,5年ぶりの減少)
②貸家:26年の貸家は 362,191戸(前年比 1.7%増,3年連続の増加)
③分譲住宅:26年の分譲住宅は 237,428戸(前年比 10.0%減,5年ぶりの減少)
 ・マンションは 110,475戸(同 13.4%減,5年ぶりの減少)
 ・一戸建住宅は 125,421戸(同 7.0%減,5年ぶりの減少)

詳細はこちらから。
 ↓↓↓↓↓
建築着工統計調査報告(平成26年計分)