4月9日、新潟県の不動産会社様にて
新入社員研修が開催されました。
(参加者5名様)

①宅建試験オリエンテーション
(専門学校様より)
②物件確認(5物件)
③現地での間取り図作成
④広告、広告の重要性

【G様】
物件の位置を調べるにはおおきな
地図よりも広域地図の方がわかり
やすい。
お客様をご案内する際をイメージ
し駐車場を調べておく、一方通行
の道路を頭に入れておくなど必要
となることが理解できた。

【S様】
地図を見て現地へいくのにかなり
苦戦しました。もっとはやくなれ
るよう工夫を重ねます。
現地では管理は良好だが物件がい
まひとつであったり、間取りは使
いにくいが駅に近く便利であった
りと、やはり現地に行かないと分
からないことがたくさんあります。

【N様】
現地では設備や内装の知識も身に
つけることが必要。
コンロの種類や給排水のことなど
お客様から聞かれた際に応えられ
るようにしておかないといけませ
ん。

【B様】
マンションとアパートでは共用ス
ペースの取り方が違う。
また今日見たマンションではエン
トランス部分は好印象であったが
エレベータを降りると各フロアは
賃料相当という印象をもった。
これからも様々な物件をみていき
ます。

【Y様】
わたしは開口部の方位を認識する
のがとても苦手です。
克服するために地図を見ながら開
口部の方位を確認し、お客様から
質問された際に対応できるよう準
備をします。

今回もお疲れ様でした。
まだまだ研修は続きますが、頑張
って下さい。