5月8日、愛知県某社様にて管理職研修を行いました。
(参加人数3名)

【I様】
今まで経験・失敗していた点は、あくまで今ある資源でどう他店よりも業績を上げるかという実行施策が多かった事に改めて気づかされた。
やらなければならない事はたくさんあり、同時に無くすべき事もあるのではないかと思う。1つの物事に対しての進め方と優先順位は非常に大切であること、その為にも様々なアイディアがあり、それを能動的に実行していくことこそが働きやすい会社を作り、やりがい生み、社会に必要とされる会社になるのだと感じた。

【M様】
責任者のみの会議があってもいい。自分も含め他店への助言ができていない、できない=相乗効果が図れない。自分もアドバイスをもらいたいし、教えていただきたい。報告会になっている会議を変えていきたい。

【K様】
責任者会議について、もっと店長達が意見を出し合っていかなければ、会社が良くなっていかない。私自身がちょっと違うなと思うことも、イエスマンになってしまうことは課題である。間違っていても、伝える勇気が必要であると感じた。
自ら能動的に仕事をし、その姿を社員に見せていく。

本管理職研修は隔月開催です。
次回までに具体的な行動プランを策定し取り組んでいきましょう。
お疲れ様でした!