8月25日、愛知県の不動産会社様
社員研修を行いました。
(参加者11名様)

■①不動産投資家との会話に必要な基礎知識
4回目 ②不動産時事(4班)

【K様】
騒音関係でよく質問されますが再度確認ができ
て良かったです。建物の表面的なことだけだと
差別化ができないのでプラスαが必要だと思い
ました。

【K様】
リーシングだけでなく様々な話ができ売上を上
げることができるように自身の知識レベルをも
っと高い所へもっていけいるように学んだこと
を忘れずに使っていけるようにします。

【M様】
いずれアメリカのように仲介が必要ない日がく
る気がします。専門知識が足りないのでしっか
り勉強していきます。

【K様】
リーシングに直結するような内容が多く、いつ
も以上に興味を持ち知識を吸収することができ
ました。

【S様】
営業にしろリフォーム提案にしろ、相手の言っ
ている事を理解しなければ話になりません。テ
キストを暗記するのでなく理解し、結びつける
ことが大切だと感じました。

【K様】
不動産の一物四価、ROIなどの投資家の方へ
向けた知識で計算の仕方や利益が出たことがわ
かるよう勉強し説明できるようにします。

【K様】
多くの知識でお客様と接していけると感じた。
家主様へのアプローチも知識が大事になってい
るので忘れずに活用できるようにします。

【I様】
建物の構造等、設備面だけでなく目に見えない
部分の説明ができてこそ初めてプロなのだと思
います。

【M様】
建築会社によっても同じ軽量鉄骨でも比較でき
部分があるためパンフレットなどの資料を見て
学ぶ必要があると思う。

【F様】
案内の時など目に見える部分の説明だけでなく
学んだ所を意識し図面を詳しくみるなど、他の
営業マンより内容の濃い案内できるようになり


【K様】
物件資料を作る上で、頂く図面に対して知識を
つけて見ることで大家さんだけでなくお客様に
対しても説明できる幅が広がる事を知った。

本日も長時間皆様お疲れ様でした。
受講有難うございました。
次回よろしくお願いいたします。