8月23日、愛知県の不動産会社様
新入社員フォロー研修を行いました。
(参加16名様)

■①8月の振り返り
 ②仲介営業に必要な建物・設備の基礎知識
 
【W様】
建物設備の知識はさりげなく案内中のトークに
使う事でお客様から信頼を得るだけでなく、ト
ーク自体が楽しい物にできるのでないかと思い
ました。すぐに実践します。

【S様】
堂々と接客をするためには自分に自信を持つ事
。その為には何をすれば良いか答えることがで
きませんでした。悔しかったので具体的に答え
られるように考えてきます。

【K様】
質問に対しさらっと答えられれば新人でも信用
してもらえると思うので、物件の資料からは分
からないことを伝えらる営業になりたい。

【I様】
審査が通らなかったお客様への連絡など上手く
出来ない事も沢山ありますが、そこで諦めるの
ではなく、上司の真似をしたり教えてもらう事
が必要なのだとわかりました。

【S様】
同じエリアの同期の考え方や感じ方には同感す
る点が多く一緒に話し合い高め合っていこうと
感じました。

【Y様】
本日同期の話を聞いて、今自分が改善すべき問
題と改善策を明確化して取り組み壁を乗り越え
なくてはならないと再認識した。

【S様】
お客様の希望条件と予算がかみ合わない際の条
件緩和手段を行い、そこから着地点の設定など
意識的に行う重要性について再認識できました


【G様】
作業スピードを上げて時間を短縮できればその
分他の仕事ができる。お客様との時間も増える
。当たり前の事だが心掛け一つで変えられるの
で意識して務めていく。

【Y様】
設備の知識は部屋を迷われているお客様の一押
しに繋がると感じた。改めて知識は武器になる
と再認識できた。

【O様】
同期の様子を知り、営業をする上で、クロージ
ングが難しければ上司に手伝ってもらう、期日
を区切って目標を達成させるなど、必要な事柄
を考え直せた。

【K様】
皆の体験や課題を聞くことができたので自分に
当て嵌め営業に活かします。特に明確なゴール
を決めること、営業マンを演じることを繁忙期
まで意識していきます。

【Y様】
お客様の質問に答えられない時があり知識不足
だと感じておりました。本日の内容をしっかり
復習し、お客様に知識のある営業マンだと思っ
てもらえるようになります。

【K様】
長期的目標は繁忙期でも一人で応対できる事で
すが、短期的には1通でも多く反響から来店に
繋げる事です。その為には反響を増やすために
物確が必要です。初歩的で地道なことですが、
その積み重ねが大切なので、目標から逆算して
必要な事を実行します。

【I様】
同期の話を聞いて、私も色々考えながら行動し
ていたつもりでしたが、まだまだ足りないと感
じたので、もっと具体的に行動を見直さなけれ
ばならないと思いました。

【M様】
お客様が来店される前にしっかり準備をし、1
回で決められるよう努めました。お客様との会
話にも慣れ少しずつ信頼を得られるようになり
ましたが、まだ少しです。分からない事は必ず
先輩に確認し、お客様に迷惑がかからない事を
きちんと見極め今後も行動します。

【M様】
まだ事務処理が遅いのでスピーディーに処理で
きるよう努力します。初期応対から鍵渡しまで
一通りできて一人前だと思うので、頼ることも
大事ですが、自分が責任をもって担当する気持
ちを持ち営業していきます。

皆様本日は長時間お疲れ様でした。
受講有難うございます。
次回もよろしくお願いします。