8月29日、福島県の不動産会社様研修
売買研修を行いました。
(参加者10名様)1回目

■①お客様の気持ちと不動産について考える
 ②物件とエリア知識の重要性
 ③不動産広告と広告規制
 
【O様】
違った視点から考えることができました。自分の
狭い価値観だけではなく、広い価値観をもって接
客することが大事だと感じました。

【S様】
お客様の希望や気持ちを初査時に全て聞きだし、
その中で希望条件の優先順位をつけることにより
納得して頂ける物件を提供できると思いました。

【O様】
売主様と買主様の矛盾をいかに不快感を与えずに
説明できるか、そのあたりの営業トークをこれか
ら学んでいきます。

【N様】
初心にもどりました。売主様、買主様はそもそも
どのようにかんがえているのかを日々の業務の中
で意識をして仕事を遂行して参ります。

【O様】
初面、初査では希望や考えなど出来る限り聞き取
り、矛盾している点に焦点をあててどちらに優先
することが一番ベストなのかを聞く必要があると
思いました。

【K様】
仕事をしていく中で、消費者目線が徐々に薄くな
っており、お客様が本当に知りたい事、疑問に思
っていることに答えられているのか不安になりま
した。

【Y様】
不動産の性質と特徴、お客様の希望や気持ちを学
び、不動産の捉え方が人によって違うので自分の
視野を広げること、アンテナをはる、お客様の興
味があるところから説明するなど本日より実践し
ます。

【U様】
価値観は人それぞれなので、自分が思ったことだ
けでは足りていないことを自覚したうえで他の人
の感じ方や考え方についても取り入れてお客様の
気持ちに応えられる営業を行います。

【B様】
ただ物件情報を提示するのではなく、一歩踏み込
んだ内容を提示することで信頼が得られ成約の可
能性が上がると思うので、表面上だけでなく生活
に密着した情報など提示できるようにします。

本日も長時間研修お疲れ様でした。
受講いただき有難うございました。