9月8日静岡県の不動産会社
売買営業研修を行いました
(参加人数6名)6回目

■①売却見込客と出会うために
 ②売却見込客との初回面談
 ③価格査定報告書の作成
 ③価格査定報告書のプレゼンテーション
 
【Y様】
これまでお客様から売却のご相談をいただき受託して
いて下地がある状態でしたので、本日学んだ事を地主
様に飛び込みする際活かしていき、成績を上げていき
たいと思います。

【I様】
売主様の気持ちをくみ取ってあげることが必要だと思
いました。買主様は能動的なのに対し売主様は受動的
なので対応の仕方は異なりますからうまく自分を使い
わけて接していこうと思います。

【M様】
売主様と思いを共有することが大切であると認識した
ので、売却相談があった際は可能な限り会うことを目
標に接していく事を肝に銘じます。

【A様】
これまでは査定書を作成し提案することまでで精一杯
になっていましたが、目的は物件を受託することと、
当り前のことを思い出すことができました。

【N様】
なるべく自分が売り易い価格で預かることを考え、成
約事例や自分のお客様がそのエリアで何人探している
のか等話の組み立てを上手く行っていきたいと思いま
した。

【M様】
査定額の根拠を自信持って言えるようになること、売
主様の気持ちに沿った接客で信頼を得る事を習得した
いです。

皆様本日長時間はお疲れ様でした。
受講有難うございました。
次回もよろしくお願いします。