9月12日、福島県の不動産会社様研修
売買研修を行いました。
(参加者9名様)2回目

■①復習テスト(広告規制)
 ②反響応対スキルをつける
 ③購入顧客との初回面談
 ④資金計画の基礎知識1
 
【O様】
反響電話の応対の仕方は、今でもアポイントを取
ることを目的として対応していたので、その面で
はよかった。

【U様】
初回面談の際にも、自分の能力や会社がしっかり
しているということをお客様に間接的に伝えるこ
との重要性を理解して、アピールしていきます。

【K様】
昨日お客様の応対をしましたが、難しいと言われ
無意識のうちに専門用語を使っていたのだと実感
しました。分かり易く説明するとともに、会話の
数を増やして信頼を得ていきます。

【S様】
借入限度額と月々の返済額の計算方法が分かり、
お客様に説明できるようになり、資金計画をお客
様のライフスタイルにあった形で提案していきま
す。

【O様】
今まで自分で諸費用の計算や資金計画を行ってき
ましたが、間違ったやり方だったと改めて気付く
ことができました。

【N様】
資金計画の重要性を改めて気付きました。今より
もっと幅広い知識をつけて、お客様により良い提
案が出来るよう努めます。

【O様】
お客様の家で初回面談をしたことは数回しかあり
ませんでしたが、これからは訪問のアポをどんど
ん入れてお客様の住んでいる家から情報を手に入
れて提案できる様にします。

【Y様】
物件下見はメジャーを使用したり売主様がどんな
暮らしをしていたのか、どういう住宅地にお住ま
いなのか等しっかり聞いて能力開示していきます


【B様】
お客様に能力開示するためにはエビデンスデータ
を用いて、ただ物件案内をするのではなく、二歩
先の情報を伝えられるようにします。

本日も長時間研修お疲れ様でした。
受講いただき有難うございました。
次回もよろしくお願いいたします。