9月20日、愛知県の不動産会社様
新入社員フォロー研修を行いました。
(参加9名様)A班

■①物件知識確認テスト
 ②業務上、営業上の悩み:解決策を探るディスカッション
 ③売上の方程式作成
 
【Y様】
物確はセールスポイント探しだと思う。印象が
きちんと残っていれば、その部屋についてもっ
と自信を持ってご紹介できるのでしっかり取り
組みます。

【G様】
お客様を神様のように応対していることに気付
きました。謙虚も大切だが、営業マンとして謙
虚になり過ぎてはいけないと感じました。

【K様】
自己管理物件を把握していなかったことを思い
知りました。明日から自己物件、専任物件の空
室は毎日確認します。

【K様】
地岸が足りず困った時、先輩に聞くことが多か
ったが、上司を使うのと甘えるのとは違うので
自分でしっかり確認し自信をつけていきます。

【M様】
お客様も背景を良く知る努力をします。表向き
だけの条件を聞くだけでなく、お客様の裏側も
知りたいと思う気持ちで接客します。

【Y様】
目標数字を実現させる為には、物件の知識を増
やす事が何よりも大切なので、出来る限り物確
を行っていきます。

【W様】
店長から飛び込みより来店予約のお客様の方が
決まり易いとお聞きしたので、予定を増やす為
意識してメールの返信、電話応対に取組みます


【I様】
9月の私は接客数が少なかったので、来店予定
を作るために、土日で来店予定数を毎週2件作
れるようなぐ動きをしていきます。

【S様】
白を取らなければ黒はあり得ません。呼び込み
率上昇には、追客の頻度を増やし、無視をされ
てもめげずに連絡をします。

皆様本日は長時間お疲れ様でした。
受講有難うございます。
次回もよろしくお願いします。