9月21日、埼玉県の不動産会社様
新卒、不動産建築実務研修を行いました。
(参加者23名様)12回目

■①契約書の条文解説(売買・請負)
 ②案内・契約から決済・引渡し迄の留意点

【S様】
契約から引渡し迄の留意点の講習を受け、振り返
ってみると自分の中で契約がゴールになってしま
っていて、その後の業務にあまり気を配ることが
出来ていなかったなと感じました。

【T様】
最初は家の構造の話など自分の仕事には活かせな
いを思ってました。研修を終えて現場に戻った時
に家の構造の話や製法の話は対業者様でも活かせ
る内容でした。

【T様】
約半年に渡り、不動産の基本知識だけではなく、
魅力のある営業とは、魅力のある人間とはという
とても大切なことを教えて頂き有難うございまし
た。

【N様】
この研修を受けていた半年で状況や仕事の量、内
容がガラッと変わりました。今後もやってきた研
修内容を振り返るためにもレジュメを見て今まで
以上に勉強します。

【I様】
多くの知識を頂きましたが、全て自分に落とし込
めているわけではありません、これから日々、研
修のファイルを復習する習慣を作り、自分に落と
し込んでいきます。

【T様】
建築基準法や特約等細かく学べて事が有難かった
です。この知識がないと業者様としっかり会話も
出来ないし、仕入れに関しても進められませんで
した。

【K様】
この研修で改めて自分の知識の不明確さを自覚す
ることができ、新しい知識も入れるため次の日の
仕事が身に入りました。本日で終了してしまう事
が名残惜しいです。

【O様】
どこまで相手の事を考えて思いやれるかが営業に
は大切だと思いますし、家を通してその人の人生
がかかっている事なので、自分よりまずは相手だ
と意識し、日々の営業活動に臨んでいきます。

【S様】
お客様でなく自分の主観で動いてたと気づきまし
た。一人の人間としてお客様と寄り添い歩ませて
いただける人間にならないといけないと研修を受
けて感じました。

【T様】
私は契約がゴールではないと理解はしてましたが
やはり一段落してしまいます。お客様のゴールは
実際に生活を始めていく事。このことを再認識で
きたことは本当に良かったと思いました。

【T様】
正直まだ余裕がなく、業者様の喜ぶような話がで
きず淡々と仕事の話ばかりしていたので、これか
らは不器用なりに少しずつ踏み込んだコミュニケ
ーショを取るようにします。

皆様長時間はお疲れ様でした。
半年間、受講有難うございました。