日本賃貸住宅管理協会の相続支援研究会様は、賃貸住宅オーナーの高齢化に伴い、賃貸管理業務に関する意思確認が困難となることに備えた「管理業務委任状」を作成しました。

本委任状は、管理物件について、賃貸借契約の締結・解除、修繕等の代理権をオーナーが親族等の代理人に授与し、万が一認知症になった場合でも、管理業者が代理人に対して意思確認することができるもの。

詳しくは日管協様のホームページから。
 ↓↓↓
オーナーの認知症に備えた委任状