12月20日、愛知県の不動産会社様
新入社員フォロー研修を行いました。
(参加12名様)

■①11月の復習
 (不動産に関する税金、減価償却について)
 ②2017年繁忙期、営業上のポイント
 
【G様】
自分にとっての契約者は複数人いるが、お客様
から見て頼りにできるのは自分であり一店舗な
ので真摯に向き合います。

【S様】
普段やっている仕事の内容のつもりでも、出来
ていること、出来ていないことを改めて理解で
きました。

【M様】
キャンセルの出たお客様でしたが契約をするこ
とがあり理由を聞くと「Mさんにお世話になっ
たから」と言われました。今後も感謝されるよ
うな仕事をします。

【Y様】
繁忙期は特にスケジュール管理やお客様の情報
経過状況を整理してずれがないように通常以上
に意識していきます。

【O様】
仕事に確認不足やミスが多いので、お客様を任
せて頂けていることにしっかりと責任を感じて
改善します。

【K様】
今までの冊子やファイル、自分のメモを見直し
て学んだ事を復習し繁忙期に向けて準備します


【K様】
今まで習ってきたことやってきたことを再度チ
ェックして出来ていたのに出来なくなっている
ことは早急にもどして今までの成果を試してみ
たい。

【I様】
自分の至らない箇所も多いですが、不安がって
いないで、折角の繁忙期なので、より多くの契
約件数を取れるように楽しむ気持ちを忘れずに
乗り切りたいです。

【I様】
私は似たような物件を多数出してしまい。お客
様を悩ませてしまうことがあるので、お客様が
物件を決めやすいよう導いていきます。

【S様】
繁忙期の目標値は正直な話エリアが変わり一か
ら覚え直しになってので自信がありません。し
かし今まで培ったスキルを余すことなく活用し
て食らいついていきます。

【M様】
自分の管理がいかに甘いかを知ることができま
した。申込から鍵渡しまでの流れの中でしっか
り計画をたてて、計画通りに行われたかどうか
反省できるよう管理します。

【W様】
自分も負けないように残り3ヶ月の新卒という
限られた時間で一番多く学び大きく成長できる
ように1日1日大切に取り組みます。

皆様本日は長時間お疲れ様でした。
受講有難うございます。
初めての繁忙期、1本でも多く契約がとれます
よう頑張ってください。