NPO法人 日本レジデンシャル・セールスプランナーズ協会の研修案内です。

今年で第17回を迎える「企業合同研修」が5月にスタートします。

この企画はNPO法人日本RSP協会が主催する「売買仲介営業企業合同研修」です。不動産流通業も、大きな社会の流れにいかに対応していけるかが、常に問われています。仲介営業の基本からネット・AI時代に対応した営業についてお話しさせていただきます。

コースは「営業社員」「上級社員」「管理職」の3クラスとし、日程も各2日間です。
本研修内容は・・・、

①講師が現役時代営業現場で培ってきた実践的な考え方に、退任後の個別企業研修・合同研修等で学ばせていただいた現在の営業現場に沿った手法を統合した“受講生が受け入れ易い研修”を目指します。いわゆる通常のアカデミックな研修とは一線を画した“実務に沿った研修”です。

②他社と合同での研修のため、受講生にとって緊張感の伴った研修となります。また上記コースに合わせた“グループワーク”を毎回採り入れ、企業風土の違う他社社員、自社の他店舗社員と話合う機会から、多くを学んでいただきます。

③受講生の理解度が浅い項目を、2回目の研修で違った角度から繰り返し実務体験に基づいてお話することで、実行可能だと納得いただける研修を目指します。
初回から次回の研修までは、約1か月の期間を空けます。初回研修終了後、学んだことから、各自が自身に必要と感じたことを「私の約束」として記入し提出いただき、それを現場で試していただき、次回に“効果があったこと、効果が出なかったこと、新たな疑問点等”を発表いただき、講師を交えディスカッションすることが特徴です。
※2回目の研修日は、受講生と講師が初回研修終了後に、協議のうえ決定いたします。

詳しい研修概要はこちらから。
 ↓↓↓
第17回_企業合同研修