■金利タイプ別の実績:平成27 年度は「変動金利型」(56.5%)の割合が最も高く、前年度より4.0 ポイント増加している。
「固定金利期間選択型」(30.0%)の割合は前年度より減少に転じている一方、「証券化ローン」(9.2%)の割合は前年度より増加に転じている。

■リバースモーゲージ、ノンリコースローン、ホームエクイティローンについて商品化を考えている金融機関は10%に満たない。

■リフォーム一体型ローンを導入している金融機関は70%を超えている。

詳しくはこちらから。
 ↓↓↓
平成28年度民間住宅ローンの実態