4月4日、福岡県の某社様
建築、不動産営業実務研修を行いました。
(参加者16名様)

■建築・不動産営業実務研修(8回目)
物件調査
 (法務局調査、売主調査、役所調査、ライフライン調査
  現地調査、価格査定等)

【O様】
建物と土地の登記事項証明書の違い、見分け方が
前よりもわかるようになった、

【K様】
今日は難しい話でした。しっかり復習します。4
2条道路でも5種類あるとは知りませんでした。

【K様】
4価の話をしたことがなく、活用方法も分かって
いない部分が多かったのですが、こんな使い方も
あるのだなと感じました。

【K様】
謄本の見方や意味を知って改めて見ると、その土
地に対する詳しい事がわかるようになりました。

【K様】
物件調査に関して、今まで気にしていない箇所も
沢山見つかりましたので、今後の調査に役立て、
お客様にしっかり伝えます。

【S様】
今日学んだ事をしっかり調査で行えば、契約後の
トラブルも未然に防げると思いました。

【S様】
土地に関する見方が変わりました。違った視点で
見る事でお客様に伝える内容や伝え方も違ってく
ると思いました。

【T様】
土地売買の重要度を認識することができ、トラブ
ル無きよう売買するには、細部に渡る調査と必要
な書類が何なのか知って置くべきだと思いました。

【H様】
物件資料が、より細かい部分に着目しており、資
料の見方だけでなく背景も知ることができて良か
ったです。

皆様、本日は長時間研修お疲れ様でした。
受講有難うございました。
次回もお願いいたします。