土砂災害警戒区域等の基礎調査は、全ての都道府県で平成31年度末までに完了させることが目標として設定されています。 平成28年度末時点で、全国約67万区域(推計)のうち、およそ8割に相当する約53万2千区域の基礎調査が完了しました。なお、平成28年度の1年間では、全国で約5万1千区域の基礎調査が完了しています。

詳しくはこちらから。
 ↓↓↓
土砂災害警戒区域等の基礎調査の実施状況