7月27日、某大手不動産会社様研修
新卒社員研修を行いました。
 (参加人数71名)

■①土地・戸建仲介の基本
 ②売主様との初回面談
 ③価格査定
 ④地価動向データの活用
 ⑤ネット営業、自社サービス
 ⑥不動産売却にともなう税金
 ⑦初契約の事例発表

【M様】
税金ついて少し甘く考えていました。トラブル
など引き起こしかねないので自宅でもしっかり
復習します。

【M様】
反響が来たら即対応し、その場でヒアリングと
案内が出来る様、お客様が買い逃さないよう一
緒に頑張りましょうと声をかけ、スピーディに
対応したい。

【I様】
レインズデータを用いたお客様への提案の仕方
自社媒体を使った売却活動の進め方を学ぶこと
ができた。

【T様】
スピードは大切だと思った。買付をもらいに行
くタイミング、事前審査のタイミングなど早め
ていきたい。

【Y様】
売主と買主では営業に期待する気持ちが違うと
いうこと、お客様に合わせた接客が重要だと再
認識できました。

【H様】
自社媒体でエンドの方が自分の登録している物
件をどれだけ見ているかが分かることを知れた
ため、閲覧数を参考にしていきたい。

【A様】
反響から契約まで短期間ながら多方面への連絡
を心掛けていたようなので、私自身も反響が来
た際はそのようにします。

【N様】
自社媒体の訴求効果の高さを改めて実感すると
共に、より自分の持ち物件をアピールできるよ
う今あるツールを最大限に使っていきたい。

【Y様】
自社媒体を通すことでお客様にどういったメリ
ットがあるのか、自分なりに考えることが出来
たので、セールストークに使います。

【W様】
自社媒体の閲覧数に関してデータの利用方法や
顧客の活用方法など詳しいデータを聞けるとお
客様の立場からの切り口を発見できたのではと
感じました。

【N様】
物件の良さを伝えるのは当たり前だと思います
が、税の事や購入サポートのことについてもっ
と知識を付けないとお客様の心はつかめないと
思った。

【F様】
ヒアリングやアポ取り等次回へ繋げるための行
動はできましたがローンの事前審査を素早く進
める事ができなかった。資金面についても積極
的に提案します。

【W様】
素早く正確に情報提供をしていくことでお客様
の信頼に繋がると感じました。スピード感を持
って行動します。

【H様】
購入のお客様と売却のお客様とではモチベーシ
ョンや営業マンに対する期待が異なるという話
は参考になった。

【N様】
価格などの話と同じかそれ以上の割合でアイス
ブレイクを入れたほうが良いとのことでしたの
で、家具や周辺環境など常に興味関心を持ちお
客様に接します。

今回も長時間お疲れ様でした。
受講頂き有難うございました。
次回もよろしくお願いいたします。