10月13日、熊本県の某社様
売買営業研修を行いました。
(参加者16名様)

■売買営業研修(8回目)
①仲介営業に必要なマンションの基礎知識(後半)
 ②営業の差別化について考える
 ③住生活基本法と今後の不動産ビジネス

【I様】
年々法律や制度が変化していく中で、他社とどう
差別化を図っていくのかが大切だと知る事ができ
ました。

【U様】
設備や仕様からお部屋のグレードを確認し、良い
点を買主様にお伝えすることが大切だと感じまし
た。

【M様】
今後の不動産業界に関して、かなり変化がありま
すので、最新のことを取り入れながら勝ち残って
いかないといけないと感じました。

【Y様】
多くの不動産会社の中から自分を選んでもらう為
にはどんな違いをアピールできるのかという事が
大切だと学ぶ事ができました。

【S様】
設備については戸建にも共通する点がありますの
で、リフォーム提案する際は今の新築の流行をお
説しします。

【I様】
他の営業がやらない事の積み重ねが信頼に繋がる
と感じましたので継続してやれることを考え自己
のスキルアップと満足していただける営業になり
ます。

【M様】
営業マンとして数字の部分、売上だけを意識して
いて、最も大事である商品の事を理解し勉強して
販売していなかったと改めて感じさせられました。

【M様】
案内や受託の際は上司とリフォーム担当と三人以
上でお会いすることを徹底し、選ばれる会社、選
ばれる営業マンに成長します。

【M様】
ディスカッションではこれから自分たちがどうな
らなければいけないかを真剣に考えることができ
ました。

【M様】
不動産業とっても、建物・土地・住宅ローンに資
産運用など様々ですが、一つ一つの知識を身に付
けていき、お客様に対して最善の営業が出来る様
になります。

皆様、本日も長時間研修お疲れ様でした。
受講有難うございました。