3月9日、山形県の某不動産会社様にて
売買営業研修を行いました。
(参加者6名様)

■売買営業研修(4回目)
①ペアローンと収入合算
②顧客のランク分けと追客営業
③案内物件の選択と物件の訴求ポイント
④案内前の準備
⑤物件への案内
⑥クロージング

【K様】
クロージングに苦手意識がありました。
事前に布石をうっていない、テストク
ロージングをしていないなど、当日の
シナリオを考えずに「契約を取ろう」
と思っていました。もっとお客様から
出るであろう質問を想定し、準備をし
たうえで案内に臨みます。

【S様】
新築営業、仲介営業の違いはあります
が、共通しているのは「お客様を知る
こと」です。モデルハウスを案内する
ときでも、「どこで何を質問するか」、
「どこで何を話すか」、自分のほしい
答えを引き出すための質問を準備する
ことで、お客様にとって重要な項目は
今よりも聞き取れるようになるはずで
ある。案内前に準備できることはして
おかないといけないと気づいた。

【I様】
案内準備からクロージングまでの一連
の講義で、準備すべきことや伝え方な
ど実務に使えることが多く、勉強にな
りました。クロージングでは権利と義
務の話が参考になりました。買主様か
らの返事をいただきやすくなります。

【S様】
本日の講義では案内の成功率を上げる
ための準備とクロージングの仕方が勉
強になりました。案内もクロージング
も苦手で、どうしても「お客様任せ」
になってしまいます。再度案内からク
ロージングの流れを見直してみます。

今回も大変お疲れ様でした。
雪も少なくなり、市場も動いてきまし
た。ますますのご活躍をお祈りしてお
ります。
次回もよろしくお願いします。