平成28 年度は「変動金利型」(50.2%)の割合が最も高いが、前年度より6.3 ポイント減少している。「固定金利期間選択型」(25.7%)の割合は前年度より減少している一方、「証券化ローン」(17.0%)の割合は前年度より増加している。

詳しくはこちらから。
 ↓↓↓
平成29年度 民間住宅ローンの実態に関する調査報告書