国交省では、民法改正や近年の家賃債務保証業者を利用した契約の増加等を踏まえて、「家賃債務保証業者型」や「極度額の記載欄」を設けた賃貸住宅標準契約書を作成するとともに、「サブリース住宅原賃貸借標準契約書」の改定等を行いました。

詳しくはこちらから。
 ↓↓↓
民法改正等を踏まえ「賃貸住宅標準契約書」等を改定