4月1日、愛知県と新潟県の不動産会社様の新卒
社員合同研修を行いました。(参加者7名様)

■新卒社員研修(1日目)
①グループ会社について
②社会人と学生の違い
③不動産業界とリーシング・管理業務の位置づけ

【O様】
不動産業界のすそ野の広さを知り、これから多く
のことを学ばなければいけないと思いました。
また、グループ各社の事業内容も理解が浅かった
が、今日の話を聞いて、この会社であれば様々な
チャレンジができるという思いが強くなりました。

【I様】
一般常識や人間関係が大切なこと、社会人は私生
活はもちろん、交友関係も大事にしなければいけ
ないこと、お客様に信頼していただくためには、
自分の努力や仕事ぶりにかかっていることが理解
できました。

【N様】
上司やお客様に認めていただくには、常識や礼儀
を改めて見直す必要があります。
皆に同じチャンスが与えられる。自分はそのチャン
スを逃さずに会社に貢献したい。

【K様】
社会人について、皆がそれぞれ考え発言しているの
と聞き、自分では想像をしていない意見が聞け、と
ても興味深かった。

【T様】
社会人としてどのような目的を持って働くべきか、
方向性を確認する良い時間となりました。明元素、
元気な挨拶、素直さを大切に、さわやかな新人と
言われるようになりたいです。
不動産業界の講義では、自分の仕事がどの部分に
入っているのかを再確認できました。もっと学び
知識をつけていきたい。

【O様】
入社式では上司、先輩の皆様からたくさんの貴重な
お話を聞き、心が動かされました。午後の研修では
社会人と学生の違いについて、同期が考えているこ
とや思っていることを知ることができ、刺激となり
モチベーションが上がりました。

【S様】
不動産業界のことが良く分かっていなかったので、
今日の講義は参考になりました。社会人と学生の違
いについて、意見を出し合い共有することで、自分
の頭の中が整理されました。ホウレンソウは「伝え
ることが目的ではなく、理解してもらうことが目的
です」という部分にはっとさせられました。

社会人初日。緊張している中での入社式及び研修で
したね。明日から本番です。引き続きよろしくお願
いします。